ハローワーク初日の流れ

最初にハローワークに行ったときは何をどうしたらよいかすらわからなくて戸惑うものです。事前におおまかな流れをつかんでおければ安心して行動できますが、会社から渡された資料にはハローワークの住所と持参するものしか書かれていません。実際のやり取りを参考にして事前に準備しておきましょう。

まずは総合受付に行きます

1.ハローワーク入り口に入ってすぐの所に総合受付があり職員が待機していますので、ここで持参した離職票1・2を渡します。

2.軽く内容が確認されたあとに退職後アルバイトをしたか聞かれます。離職票1・2が返され、求職申込書及びアンケート用紙が渡されます。

書類に記入しましょう

3.記載台に移動して、設置されている記入例を参考にして求職申込書に鉛筆で記入します。アンケートは転職活動のしかたについての質問4、5問になっており、ボールペンで回答を記入します。※求職申込書に記入する内容は事前に考えておくと便利です。求職申込書の記入例(PDF)(別タブで開きます)

 

【スポンサーリンク】

 

次に雇用保険給付課の窓口に行きます

4.雇用保険給付課の窓口の前にある受付機から受付整理券を取ってご自分の番号が呼ばれるのを待ちます。

5.ご自分の番号が呼ばれたら離職票1・2、雇用保険被保険者証、求職申込書及びアンケート用紙を渡します。ここでまた退職後アルバイトをしたか聞かれます。

6.運転免許証など身分証明の確認ができるものを見せます。

7.雇用保険被保険者証が返却されます。

8.失業給付を振り込んでもらう通帳を見せます。※あらかじめ離職票1に金融機関で証明をもらっている場合は必要ありません。

9.雇用保険説明会の際に持参する資料(受給資格者のしおり、ハローワークカードなど)を受け取ります。

10.雇用保険説明会の日時と、ハローワークの求人票を見ることができる求人検索パソコンの場所が説明されます。※雇用保険説明会は(待機期間7日も含めて)約2週間後に開かれます。

 

【スポンサーリンク】