パートの勤務時間と給与(時給制)を自動計算する

勤務時刻、休憩時刻、時給などを入力することで、労働時間、1日分の給与(時給制)とその内訳(基本給、深夜手当、時間外手当)の金額を簡単に計算することができます。24時間までの勤務の計算に対応しています。日付をまたいだ勤務の計算も可能です。各項目の意味については後述の説明を参考にしてください。

1.「始業時刻」および「終業時刻」を入力して下さい。(24時間表記、半角数字)

始業時刻は0時0分から24時0分まで、終業時刻は始業時刻の24時間後まで設定できます。終業時刻に翌日の時刻を設定したい場合は、始業時刻>終業時刻の形にして下さい(例:始業時刻23時0分、終業時刻6時0分)。

  • 始業時刻
  • 終業時刻

2.休憩の「開始時刻」および「終了時刻」を入力して下さい。(24時間表記、半角数字)

休憩時刻が勤務時刻外になってしまうと正しい計算ができませんので注意して下さい。休憩時間がない場合は、勤務時間内で開始時刻と終了時刻が同じになるように入力して下さい(例:始業時刻10時0分、終業時刻15時0分の場合、開始時刻と終了時刻を同じ12時0分に設定)。

  • 開始時刻
  • 終了時刻

3.「通常の時給」を入力して下さい。(半角数字)

時給が割増になる時間帯でのみ勤務している場合、最も低い時給=通常の時給にはなりませんので注意して下さい。例えば22時から5時まで1,000円、5時から8時まで1,000円で勤務している場合、通常の時給は800円と思われます。これは深夜労働は通常の時給の25%割増、8時間を超える時間外労働も通常の時給の25%割増を最低でも支払うことが労働基準法で定められているためです。

4.「時給が上がる時間帯と時給」を必要に応じて入力して下さい。(24時間表記、半角数字)

深夜など時給が上がる時間帯の時給の設定に使用します。チェックが入っている時間帯の設定が計算に反映されます。ただし深夜時間帯(22時から5時まで)にチェックが入っていない場合は、自動的に深夜時間帯は通常の時給の25%割増で計算されます。時刻が重複したり、通常の時給より低い金額を入力すると正しい計算ができませんので注意して下さい。

5.「時間外の時給」を必要に応じて入力して下さい。

労働時間が8時間を超える際の時給を設定する場合に使用します。通常の時給より低い金額を入力すると正しい計算ができませんので注意して下さい。チェックが入っていない場合は、自動的に通常の時給の25%割増で計算されます。現在対応しているのは「通常の時給」や設定した「時間外の時給」をもとに計算する方法のみです。「平均の時給」をもとに計算する方法や「各時間帯の時給」をもとに計算する方法には対応していません。

6.下のボタンを押すと計算を行います。

就業規則によっては対応できない場合があります。

以下には対応していません。
  • 1ヶ月の時間外労働時間が60時間を超えている場合の時間外手当(50%割増分)
  • 1週間の労働時間が40時間を超えている場合の時間外手当(25%割増分)
  • 固定時間制以外(変形労働時間制、フレックスタイム制など)の場合
  • 農水産業従事者、管理監督者、機密事務取扱者、監視・断続的労働従事者、宿日直勤務者は労働時間等に関する規定の適用除外(労働基準法第41条)

こちらの自動計算では、以下の規定にもとづいて計算を行っています。

 

【スポンサーリンク】

 

休憩時間

労働時間が6時間を超えて8時間以下の場合は45分以上、8時間を超える場合は1時間以上の休憩時間を、労働時間の途中に与えなければならないと定められています(労働基準法第34条)。

労働時間

労働時間は、休憩時間を除き1週間につき40時間、1日につき8時間を超えて労働させてはならないと定められており(労働基準法第32条)、超えた労働時間には時間外手当(残業手当)として割増賃金を支払われなければなりません。賃金は全額支払われなければならないと定められているため、1日の労働時間を切り捨てたり四捨五入することは認められません(労働基準法第24条)。
労働時間の計算方法:
拘束時間(始業時刻から終業時刻まで)-休憩時間

時間外手当(残業手当)

時間外手当は、休憩時間を除き1日につき8時間、1週間につき40時間を超えた労働(時間外労働)に支払われる割増賃金のことで、基本給の25%以上50%以下の割増賃金を支払わなければならないと定められています(労働基準法第37条)。基本給が時間帯によって変わる場合、当計算では時給の替わりに平均時給を使用して計算を行います(明確に定められた法律がないため)。
時間外手当(残業手当)の計算方法:
労働時間のうち8時間を超えた時間×時給×0.25

深夜手当

深夜手当は、22:00から5:00の間の労働(深夜労働)に支払われる割増賃金のことで、基本給の25%以上50%以下の割増賃金を支払わなければならないと定められています(労働基準法第37条)。
深夜手当の計算方法:
深夜労働時間×時給×0.25

休日手当(現在、未対応)

休日手当は、法定休日の労働(法定休日出勤)に支払われる割増賃金のことで、基本給の35%以上の割増賃金を支払わなければならないと定められています(平成6年1月4日労働省基発第1号)。ただし法定休日出勤の替わりとして振替休日が取得できる場合は、休日手当は支払われません。これに対して代休が取得できる場合は、休日手当が支払われなければなりません。就業規則で法定休日が定められておらず週に全く休日がとれない場合は暦週(日曜から始まって土曜まで)の最終日である土曜が法定休日となり休日手当が支払われなければなりません。
休日手当の計算方法:
法定休日労働時間×時給×0.35

法定休日、所定休日(法定外休日)

法定休日は、週に1回以上または4週に4回以上与えられなければならないと定められている休日のことです(労働基準法第35条)。就業規則に法定休日の記載がない場合は休日手当の支払いで問題となる可能性があります。所定休日は法定外休日とも呼ばれ、法定休日とは別に企業が労働者に与える休日のことをいいます。

振替休日、代休

振替休日および代休は、休日出勤した日のかわりに取得できる休日のことです。振替休日は、就業規則に規定を定めた上で休日出勤する前にあらかじめ替わりの休日を伝えておく必要があります。休日出勤をした後に代わりの休日が決められた場合は代休となり、これを振替休日とすることはできません。このように明確に分けられているのは、代休の場合は休日手当が発生するためです。

円未満の端数

1時間あたりの賃金および割増賃金に円未満の端数が生じた場合は、50銭未満の端数を切り捨て、50銭以上1円未満の端数を1円に切り上げることが認められています(昭和63年3月14日基発第150号<賃金計算の端数の取扱い>二(二))。
円未満の端数の計算方法:
小数点以下を四捨五入

参考資料

 

【スポンサーリンク】