1. ハローワーク情報サイト〜ハロワのいろは〜
  2. 雇用保険受給資格者証の見方



【スポンサーリンク】

雇用保険受給資格者証

雇用保険説明会で渡されるもので認定日などで使用します。ほとんどの部分は受け取った時点で印刷されているので、
空白になっている残りの「住所又は居所」(表側)、「支給番号」「氏名」(裏側)を記入し写真を貼り付けます。


各項目の意味

各項目の意味は以下のとおりです。

                     雇用保険受給資格者証 040
(バーコードのハンコ)                                    (窓口番号のハンコ)
支給番号① 氏名 被保険者番号
01234−01−234567−8
0123−456789−0
性別 年齢 生年月日② 支払方法③ 求職番号④ 認定日⑤


3−XXXXXX 0123456−7890123 01234567 1型−月
住所又は居所

求職申込年月日⑥ 資格取得年月日⑦ 離職年月日 理由⑧ 受給期間満了年月日⑨ 基本手当日額⑩


XXXXX 40

離職時賃金日額 60歳到達時賃金日額 所定給付日数⑪ 特殊表示(災、一括、巡相、市町村)




下部省略


項目 意味
①支給番号 左5桁が雇用保険の手続きを行ったハローワークの番号、残りがあなたの番号です。
②生年月日 左1桁があなたが生まれた年の元号を示しています。3が昭和、4が平成です。
③支払方法 雇用保険の手続きの際に提出した離職票−1に記入した金融機関コード(左7桁)と口座番号(右7桁)です。
間違っていないか確認しておきましょう。
④求職番号 ハローワークインターネットで詳細な情報を見たい場合、最初にこの番号の入力を要求されます。
⑤認定日 この型によって認定日はいつなのかが判断できます。
⑥求職申込年月日 雇用保険の手続きを行った日です。
⑦資格取得年月日 雇用保険を支払い始めた日です。入社した日と同じなはずです。
⑧離職年月日 理由 退職した日とその理由です。後ろの<>内は離職票−2の離職区分で、この離職区分を参考にして理由の番号が
決定されます。
11:解雇(1Bおよび5Eに該当するものを除く)<1A>
12:天災等の理由により事業の継続が不可能となったことによる解雇<1B>
20:契約期間満了による退職、定年、移籍出向<2B>
21:雇止め(雇用期間3年以上の雇止め通知あり)
22:雇止め(雇用期間3年未満更新明示あり)
23:期間満了(雇用期間3年未満更新明示なし)
31:事業主からの働きかけによる正当な理由のある自己都合退職<3A>
32:事業所移転等に伴う正当な理由のある自己都合退職<3B>
33:正当な理由のある自己都合退職(3Aまたは3Bに該当する者を除く)<3C>
34:正当な理由のある自己都合退職(被保険者期間12ヶ月未満)
40:正当な理由のない自己都合退職<4D>
45:正当な理由のない自己都合退職(受給資格等決定前に被保険者期間が2ヶ月以上)<4D>
50:被保険者の責めに帰すべき重大な理由による解雇<5E>
55:被保険者の責めに帰すべき重大な理由による解雇(受給資格等決定前に被保険者期間が2ヶ月以上)<5E>
⑨受給期間満了年月日 給付が終了する日です。
⑩基本手当日額 給付される1日分の額です。
⑪所定給付日数 基本手当の給付日数です。これは最大の日数であり、雇用保険の手続きが大幅に遅かったりすると消化しきれずに
終わってしまう場合もあります。また再就職を途中でした場合も全てを受け取れません。

【スポンサーリンク】
ページ先頭へ

Copyright © 2004-2017 ハローワーク情報サイト〜ハロワのいろは〜. All Rights Reserved.